小児科なら岩倉市ののざき内科・循環器科クリニックへ

院長ブログ

今週のコロナニュース㉑ 国民は毎日3760人が死亡している

2021年7月11日

梅雨末期の豪雨被害が今年も深刻化しています。

先週は雨も必要と話しましたが、程度の問題はあります。

早く梅雨が明けますように。

***

さて、コロナワクチンを日々接種している私には、コロナワクチンを接種することへの「不安な気持ち」を訴えられる方が多くいらっしゃいます。

先日、7/7に開催された厚生労働省のワクチン分科会で示されたデータにて、「コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例が554件ある(2/17~7/2)」ことが開示されました。

000802338.pdf (mhlw.go.jp)

『えっ、コロナワクチンで554人が死亡したの?』

いやいや、そうではありません。

この数字について考えてみましょう。

 

●日本国民は毎日平均3760人が死亡している

 

健康に見える人はすぐに死ぬことはないと思っていませんか?

日本人の毎年の出生数や総死亡者数、疾患別死亡者数などは「人口動態統計」として厚生労働省が毎年公表しています。

令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

このデータによると、2020年の日本国民は1年間137万2648人が死亡しており、毎日平均3760人が死亡していることになります。その中で急変して亡くなる方(死因が脳血管疾患、心疾患、不慮の事故)は約25%あり、一見健康に見える人も、毎日平均946人が急変して死亡しています。

これは、新型コロナウイルス感染症が流行する前から同じような状況であります。

現在までコロナワクチンを受けている方は50歳以上がほとんどだと思いますので、50歳以上に限定すると毎日平均3680人が死亡しています。その中で、急変して亡くなる方(死因が脳血管疾患、心疾患、不慮の事故)は毎日平均456人です。

50歳以上の国民人口は約5921万人です。

毎日100万回のコロナワクチン接種が日本国民に行われていると仮定し、50歳以上方を100万人集めると、毎日7.7人が急病(死因が脳血管疾患、心疾患、不慮の事故)で死亡し、1週間で54人が亡くなる計算になります。

 

毎日100万人にコロナワクチンを接種していると、その中には急変する病気でなくなる方が必ず出てきますので、それがワクチンの影響であるかは慎重に判断する必要があります。そのために、ワクチン接種後に死亡した方の情報を集めて、厚生労働省のワクチン分科会の専門家がワクチンとの因果関係を判断しています。

ワクチン接種で死亡することはないと言いたいのではありません。

稀ながら、血栓症や心筋炎などが起こることも医学論文で報告されており、我々医療者もそのことは認識する必要がありますし、今後も長期にわたり副反応の情報収集をしていく必要があります。

 

メディアはワクチンと死亡を大々的に取り上げますが、そこには一考の余地があります。

 

 

 

  • 診療日カレンダー
  • Webで簡単予約

MEDICAL

  • 内科
  • 循環器内科
  • 小児科
  • 心大血管リハビリテーション
  • 人間ドック
  • 漢方外来
  • うさかめジム
  • 自費診療
  • 採用情報
  • 院長ブログ
  • 病気の勉強会